無地Tシャツを自分好みにアレンジしてみよう

無地Tシャツだからこそ様々なデザインを描ける

無地Tシャツを自分でアレンジ

無地Tシャツは様々な色があります。それだけでもコーディネートしやすいのですが、無地Tシャツの特徴はそれだけではありません。自分好みのアレンジもしやすいため、リメイクして着用する人も多くいます。様々な方法で自分好みのアレンジを行ってみましょう。まず、アレンジの時によく使われるパッチワーク糸の特徴についてまとめています。

無地Tシャツアレンジで使われるパッチワーク糸の特徴

  • 柔らかい
  • 丈夫
  • 色がたくさんある
  • 細い

無地Tシャツを自分好みにアレンジしてみよう

服

手縫いだからこその味わいを作れる

無地Tシャツにアレンジを加える際に、プリントするのもいいかもしれません。しかし、パッチワーク糸を利用して刺繍を施してみたり、小さな布を縫い付けてみたりすることで、更に味わい深いものを作り上げることができます。また、パッチワーク糸は手縫い専用の糸になっているため、丈夫な作りにもなっています。

洋服

パッチワーク糸は様々な色がある

パッチワーク糸は何と言っても複数の色があります。たとえば同じ赤色でも明るいものから暗いものまで多いため、布と同系色を探すことができます。パッチワーク糸が布と同系色であれば、縫い合わせる時に針目などが目立ちにくく、綺麗な仕上がりを作り出すことができます。このようにパッチワーク糸は無地Tシャツに布を貼り合わせる時にもとても役立ちます。

女性たち

アップリケなどをつける時に最適

パッチワーク糸の大きな利点は、アップリケなどの縫い合わせを行うととても綺麗に仕上がることです。小さなアップリケなどはどうしても通常の糸を使ってしまうと糸目が荒くなってしまうことがあります。しかし、細いパッチワーク糸であれば、細かな作業でも糸目が荒れることはありません。また、手縫い専用のパッチワーク糸で行うことで、やわらかに縫い上げることができます。

パッチワーク糸を利用した人の声

Tシャツ

糸選びは大事だと感じた

アップリケなどを無地Tシャツに縫い付けるのが好きで、よくやっているんですが、糸選びは大切だと感じました。最初は普通のミシン糸などを使っていたのですが、どうしても針を大きくしないと使えず、細かな作業が難しかったです。パッチワーク糸はとても細いので、小さな針でも苦はなく、さらに布に穴も残さないので重宝しています。

広告募集中